箱を持つ人

引越しをスムーズに行なう方法【お得な情報集めて楽々移動】

料金の相場と節約の仕方

一家

夫婦二人と子供の家族単位で引越し業者を利用すると、単身よりも高くつきます。遠距離の場合は20万円近い料金がかかるのが一般的です。しかし、梱包は自分ですることや、引越しする時期を選ぶことなどで料金を節約できます。

もっと読む

できるだけ節約をする方法

空き部屋

引越しをするときに節約をしたいならば、手配するトラックをできるだけ小さくすることです。例えば、2トントラックで入る荷物はそのまま持って行ってもらい、少しだけはみ出すようであれば、自分たちでその分を事前に運ぶか、引越会社の人が運んだ後にレンタカーを借りて運べば安くなります。

もっと読む

少しでも節約するために

ダンボール

引越しを行う際には、誰しもが料金について心配するものです。節約して引越しをするには、一括見積もりサイトを利用するといいです。これは、荷物の量、新居の住所を記入すれば、引越しにかかる見積もりを提示してくれるサービスです。各会社の料金を確認できるので便利です。

もっと読む

転居は専門業者に依頼

作業員

スケジュール表を作成

福岡での引越しを滞りなく進めるためには、事前に必要な情報を集めておき、引越しの手順と流れを確認しておく必要があります。特に福岡から遠く離れた地域間で引越しを行うなら、早めの準備をしておきましょう。まずは、「転居関連手続き」から始めましょう。現在の住まいが賃貸なら解約の手続きを行い、住所変更の手続きもしておきます。解約の手続きは早めに不動産会社へ連絡を入れておくと良いです。同時に、引越しするための「荷造り」も進めていきましょう。ダンボール箱などを用意し、当面は使う予定のないものから順に梱包していきましょう。自分で箱の中身が確認しやすいよう、目印を付けておくのもオススメです。引越し予定日から逆算して、自分なりのスケジュール表を作成しておくと便利です。

余裕のある計画を立てる

福岡圏内での小規模な引越しなら自力でも可能ですが、福岡から離れた地域との間で引っ越すなら専門の業者に依頼すべきでしょう。やはり引越しのプロに任せた方が、安心して引っ越せます。独自のノウハウを持ってますので、気になることや不安に思っていることがあれば、相談してみると良いでしょう。梱包用のダンボール箱を提供してくれたり、梱包作業を手伝ってくれるサービスがある場合もあります。旧居から荷物の運び出しが終わったら、掃除を行い引き渡しをしましょう。新居への荷物の搬入は、大きな家具家電の配置を先にしておきます。その後、生活必需品から順に荷解きを行い片付けを完了させます。荷解きが落ち着いたら、転入手続きも進めていきます。前もって計画を立てておき、余裕のある引越しを行いましょう。